記事の詳細

スポンサードリンク

加入義務必須の自賠責保険とは?

自賠責保険は強制保険とも呼ばれ、車の所有者に加入が義務付けられている保険です。

 

自賠責保険は加入していなければ車検が通らず、
仮に仮ナンバーであっても一般道を走行することは絶対にできません。

 

万が一、自賠責保険が失効していると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります
(自賠責保険証明書を携帯していなければ罰金30万円以下です)。

 

さらに道路交通法違反となり違反点数が6点で、一発免許停止処分になります。
自賠責保険と車検切れにはならないように十分に注意することが必要です。

 

自賠責保険は保険会社により保険料が変わってくるということはありませんが、
本州と沖縄県、離島では異なるようです。
通常は車検に出す際に、整備工場などで加入するのが一般的となります。

 

自賠責保険を詳しく知る。 

自賠責保険の補償はどこまで? 

自動車損害賠償責任保険は交通事故にあわれた被害者救済のための、法律に基づいて義務付けられているものです。
自動車損害賠償責任保険は略称で自賠責保険といわれます。 

その自賠責保険の補償がどのようになっているか、具体的に見てみましょう。 

まず自賠責保険により補償されるのは、保険加入者の自分自身ではなく、あくまでも“他人”です。 

自動車損害賠償責任保険上では、自動車の運転者、あるいは自動車や車両の保有者以外は“他人”とされ、補償されることになっています。

つまり、自動車の運転者や保有者の父母や子供、配偶者も“他人”とされ、保険金の支払い対象になることがあるということなのです。 

お得で便利なサービスをご案内します! 

比較.comのお得&便利な『自動車保険一括見積もり』サービス【 無料 】
あなたの条件にぴったりな自動車保険が見つかります! 

 ▽比較.comで複数の自動車保険会社から回答をゲット&比較しよう!▽ 

 自動車保険を見直すのは内容がなんとなく難しい気がして、手間やコスト
 を考えがちですが少し見直すだけで条件も料金もお得になったりします。
 そんな皆様にお役立ちのサービス『一括見積もりサービス』をご案内! 

 

  1. 自分に条件にあった最適な保険会社を絞り込むことができる!
  2. たった1回の入力で、複数の保険会社に見積り依頼が届く!
  3. メール又は郵送で回答が来るから楽々簡単!
  4. 複数の会社から選べるから納得!
  5. 見積り費用は【 無料!】 

届いた見積もりを自分のペースでじっくり比較して、どこの保険が自分にぴったりか、見つけてみてください!     

比較.com 自動車一括見積りサービス【 無料 】

 

自賠責保険の補償範囲

自賠責保険の補償範囲は以下の通りです。

 

対人補償 

傷害 120万 治療費・休業補償・慰謝料 

死亡時3000万円 逸失利益・治療費・慰謝料・葬式費用 

後遺障害時最大4000万円 

物損 

なんであっても補償はゼロです。 

自賠責保険で補償される人はすべて「他人」とされています。
この「他人」とは血縁以外の人を指すのではなく「運転手、運行供用者以外」となります。 

例えばクルマの名義人の家族が車を運転中に事故を起こし、搭乗していた家族がケガしたら、
運転していた家族以外の家族は自賠責保険から補償を受けられるというのが一般的です。

 

また「運行供用者」とは主にクルマの名義人のことを指します。
トラックの運転手の運行供用者は運送会社です。
事故が起きれば運行供用者も責任を問われます。
自賠責保険では補償される人は限られていて、保険金額も充分ではないのです。
それでも事故を起こせば、自分(車両所有者、運転手)の怪我、
車などの財産は補償されないうえに、責任だけはしっかりのしかかってくるわけです。 

【無料】最大21社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る