記事の詳細

スポンサードリンク

自動車保険とは?

自動車に乗って対人・対物事故を起こし、他人の車や家・ガードレールなどに損害を与えてしまうと、法律上の賠償責任が発生します。

 

賠償責任が発生した場合に自動車対物賠償保険から加入している保険金額の範囲内で損害保険金が支払われるのが自動車保険です。

 

対物事故の賠償責任はくるまや家などの「モノ」は当然として、それ以外にも発生するケースが多々あります。

 

自動車対物賠償保険には「直接損害」と「間接損害」があるのです。

 

「直接損害」とは、そもそも事故が無ければ発生しなかった損害費用のことを指します。

 

例えば、クルマや建物の修理費です。

 

「間接損害」は得られるはずの利益が自動車事故の発生によって失われた損害を指します。

 

詳細は以下の通りです。

 

直接損害間接損害
クルマの修理費用 給与補償
レッカー代金 商業施設の補償(逸失利益)(コンビニ、レストラン、飲食店、パチンコ店など)
家屋・建物の修理費用 商業車両の逸失利益(観光バス、タクシー、電車、トレーラーなど)
ガードレールや道路などの補修費用 修理期間中の営業補償、壊れた商品、従業員の給与など補償

 

自家用車同士の事故であっても相手が高級車ともなれば数千万円程度の損害は珍しくありません。
又、1日に数百万円を売り上げる店舗、高額な商品を運搬している車両ともなれば損害額が億を超えるケースもあるのです。

 

そういう事になっても困らないために、対物保険は無制限をお勧めします。 

楽天で自動車保険最大13社一括見積もり

 

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る