記事の詳細

スポンサードリンク

必ず掛かる法定費用

法定費用(自動車重量税・自賠責保険料・印紙代など)がかかります。
車検にかかる法定費用のおもなものは以下の通りです。

 【自動車重量税】 

・軽自動車・・・・・・・・・・・・・・・8800円
・乗用車(3、5、7ナンバー)500~1000kg・・・25200円
・乗用車~1500kg・・・37800円
・乗用車~2000kg・・・50400円
・乗用車~2500kg・・・63000円
・バイク(排気量250cc以上)・・・5000円

 

【自賠責保険料】
費用は24ヶ月(内は25ヶ月)として計算。

 

・軽乗用車・・・25000円(25800円)
・乗用車(3、5、7ナンバー)500~2500kg・・・30830円(31880円)
・バイク(排気量251cc以上)・・・20240円(20860円)

 

【印紙代】

・軽乗用車、バイク(排気量251cc以上)・・・1400円
・乗用車・・・(5,7ナンバー)1400円、(3ナンバー)1500円

 

【リサイクル料金】

平成17年(2005年)1月1日から自動車リサイクル法によって、新車購入時、車検時、廃車時のいずれかに該当するときに、自動車リサイクル料金を支払わなければなりません(要するに新車購入時に支払わなければならないのです)。

 

ただ自動車リサイクル料金はメーカー、車種によって若干、異なりますが、大まかな金額は以下の通りです。

 

・普通自動車:「約1~2万円」

 

・軽自動車:「約7千~1万5千円」

 

また自動車リサイクル料金は最終的には車を廃車する所有者が負担することとなりますので、すでに自動車リサイクル料金を支払っている車をディーラー、買取業者に売る場合は、自動車リサイクル料金相当額(資金管理料金を除いた額)が戻ってくるはずです。
処分時には、必ずディーラー、買取業者に確認しましょう
(当然、下取車が廃車になる場合は自動車リサイクル料金は戻ってきません)。

 

 

民間の機関に車検を依頼する場合、代行手数料・点検料金などが別途必要となります。
代行手数料などは、車検業者や車種などによって幅があります。
また、修理が必要と判断された場合、部品代などがかかりますので、車検代行業者に見積もりを出してもらいましょう。

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る